• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

2019年度事業計画のポイント

The point of project

2019年度は、「長期ビジョン(7ヵ年)」及び「第一期経営健全化計画(3ヵ年)」の初年度として、これらを着実に実践し、一層の経営・財政基盤の安定化・健全化と、環境の変化に柔軟に対応した医療提供体制の構築を目指します。

患者の視点に立った魅力ある病院づくり

良質な医療を提供するために、「医療従事者の確保」「人材育成と技術向上」「設備整備」などに、引き続き取り組みます。

健全な経営・財政基盤の確立

補助金などに依存しない自立した病院経営の実現に向け、収益確保対策・費用適正化対策などに取り組み、継続的な事業損益ベースでの利益計上を目指します。

働きがいのある職場環境づくり

職員が安心して働き続けられる職場環境の整備に向け、面談の充実や有給休暇の取得促進などに取り組み、風通しの良い職場づくりを推進します。

地域医療構想を見据えた医療提供体制の見直し

各医療圏の中核的医療機関としての役割を果たすため、急性期から回復期まで切れ目のない医療提供体制を維持します。

保健予防活動及び高齢者福祉活動の推進

検診受診率の向上に向け、受診勧奨や健康指導などの取組みを推進します。また、地域のニーズを把握しながら、訪問看護事業・居宅介護支援事業・短期入所生活支援事業を効果的・効率的に実施します。