• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

利用者満足度アンケート(第7回 平成26年8~9月実施分)

Satisfaction

厚生連では、地域医療を担う各地域の中核病院として、患者さんや地域の皆様に、より安心して来院いただける病院を目指し、末長く地域に貢献することと職員の患者さんへのホスピタリティーの意識をより高めることを目的とし、平成22年度より利用者満足度アンケートを実施しております。

この度7回目のアンケートを実施いたしました。厚生連全体のアンケート結果といたしましては、職員の対応・印象は、昨年度より5%向上する89.3%の満足度となりました。今後も当アンケートでいただいた「大切な声」を利用者満足度の向上及び経営改善のヒントとし、それを活かしながら患者サービスの向上を図ってまいります。

ご協力いただきました3,966名の皆様に感謝いたしますとともに、アンケート結果と今後の取り組みについて、ご報告いたします。

アンケート集計結果

アンケート内設問の集計結果をまとめました。

各病院のアンケート集計結果及び取組みについては、病院のホームページをご参照ください。

今後の取り組み(グループ全体)

患者さんや地域の皆様に安心感と信頼感を持って来院していただくため、職員一人ひとりの接遇への意識向上と接遇対策を強化してまいります。また、利用者満足度アンケートの中でご指摘の多かった待ち時間の長さによる患者さんのストレスにつきましては、今後も重要な課題として予約制の拡充や「感覚的待ち時間の短縮」に向けた取り組みを継続してまいります。

  • 利用者満足度アンケート内容を周知し、職員の接遇への意識向上を図ります。
  • 予約制の効率的運用を図ります。
  • 医師・看護師・事務全ての職員が、「お待たせいたしました」の声掛けの励行・徹底を図ります。
  • 急変患者(外来・入院・救急)対応等が救急発生した場合には、待合の患者さんに状況説明を行います。