• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

人材育成プログラム

Human resource training program

はじめに

本会は、地域医療構想の取り纏めが進む中、医療の質向上と経営の安定化を目指し、病院機能再編計画 並びに 職員定数適正化計画等を策定した。

これらの計画では、医療の質向上に向けたチーム医療推進等と併せて、人材確保と育成の取り組み強化が掲げられており、今般、人材育成プログラムを策定した。

人材育成プログラムは、本会の基本理念に基づき、チーム医療推進等、時代の要請に応える職員を育成する。

また、プログラム実践を通し、必要な見直しを行いながら、より良い人材を継続的に育成することを目指す。

人材育成プログラム

薬剤師 新人教育プログラム

職種
薬剤師
理念
基本方針

JA秋田厚生連薬剤科としての理念、基本方針

【理念】
医療人として生命を尊重し、薬剤師固有の任務を遂行することにより、患者中心の安心・安全で効果的な薬物療法を提供します。
【基本方針】
  1. 刻々と変化する医療情勢に薬学的知見から対応できるよう常に研鑽し、薬物療法の質的向上を目指す。
  2. くすりの専門家として積極的にチーム医療に参画し、医薬品の適正使用を支援する。
  3. 薬剤師としての責任を持ち、全ての患者の薬物療法に関わることを目標とする。
  4. 人材の確保および教育カリキュラムの充実等により、自発的に地域医療に貢献できる臨床薬剤師の育成を図る。
人材像
アウトカム

[患者さん、他職種、地域、職場][医療経済][質(内部プロセス)][学習・成長]の4つの区分において、一般、組織人、薬剤師として各々のアウトカムを設定しています。

【代表的なアウトカム】
  • 患者・生活者、他職種から情報を適切に収集し、これらの人々に有益な情報を提供するためのコミュニケーション能力を有する。
  • 人の命と健康な生活を守る使命感、責任感及び倫理観を有する。
  • 医療機関や地域における医療チームに積極的に参画する事ができる。
  • 薬物療法を総合的に評価し、安全で有効な医薬品の使用を推進するために、医薬品を供給し、調剤、服薬指導、処方設計の提案等の薬学的管理を実践する能力を有する。
  • 薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向やエビデンスを理解する。 etc.
教育期間
採用時より1年間(病棟業務のみ2年間)
教育内容
病院における薬剤業務全般の習得に加え、実務における技能、態度、知識を身につけ、論理的根拠を理解した上で業務を遂行できるよう、プログラムに沿った教育を行います。また、各種疾患や学会発表、専門・認定薬剤師、診療報酬・施設基準・保険査定等についても学習カリキュラムを策定し指導します。
特記事項
個々の病院のみならず、厚生連薬剤科全体で計画的に人材育成を行います。
添付資料

診療放射線技師 新人教育プログラム

職種
診療放射線技師
教育理念
JA秋田厚生連の理念に基づき、地域の皆様に安全で安心出来る医療技術と、幅広い知識を提供できる専門職としての自覚を有し、常日頃から自己研鑽に努める優秀な人材を育成する。
人材像
教育目標
【人材像】
  • 主体的に自ら能力向上を図る人材。
  • 高い医療安全意識を持つ人材。
  • 問題意識を持ち、自己解決能力を有する人材。
  • コミュニケーション能力を有し、協調性のある人材。
【教育目標】
  • 患者及び対人関係を大切にし、思いやりや、痛みのわかる豊かな人間性を養う。
  • 専門職としての自覚を持ち、チーム医療の実践と連携及び行動する能力を養う。
  • 幅広い視野を有し、根拠に基づいた医療を提供出来る能力を養う。
  • リーダーシップを発揮し、判断や問題解決が出来る能力を養う。
  • コスト意識を念頭に置き、病院経営も意識出来る能力を養う。
教育期間
採用時より1年間(但し場合によっては延長もあります)
教育内容
業務遂行のための基本的能力
  • 日直当直業務が一人で行える。
  • 患者の安全に気を配れる。
  • トラブル発生などに指導を受けながら行動できる。 etc.
技能・技術に関する能力
  • 基本的な検査を行える。
  • 各種研修会・研究会への積極的参加。 etc.
特記事項
新人教育には専属の指導者等を配置し、責任を持って教育します。
添付資料

臨床検査技師 新人教育プログラム

職種
臨床検査技師
理念
JA秋田厚生連の基本理念に基づき、地域住民の皆様に安全で安心できる質の高い専門技術を提供し、臨床検査技師として自覚と責任をもった信頼される人材を育成する。
教育目標
わたしたちは、知識と技術の専門性の向上を図り、精度の高い検査結果を診療側に提供できる臨床検査技師育成を目指します。
教育期間
採用時より4ヵ月間(日当直業務の研修)
教育内容
臨床検査業務の基本技術習得
  • 検体検査
  • 輸血検査
  • 微生物検査
  • 病理検査
  • 生理検査
  • 採血業務
  • 日当直業務研修
医療安全、精度管理の意識の醸成
  • 検査機器の保守管理
  • 精度管理の知識
  • 異常値への対応
  • 検体、患者取り違え防止
自己啓発
  • 技師会研修会、学会への参加
  • 院内行事への参加
特記事項
新人臨床検査技師の指導は教育担当技師とするが、新人教育の統括責任者には臨床検査技師長がなる。
尚、検査科全体として新人技師の支援や環境作りをして行く。
添付資料

臨床工学技士 新人教育プログラム

職種
臨床工学技士
共通理念

チーム医療の一員として質の高い医療技術を提供し、患者中心の安全で良質な医療を実践します

  1. 正確に管理された医療機器を提供する為に必要な技術、知識を習得する
  2. 専門性を活かしチーム医療に貢献できるよう、信頼される臨床技術の提供に努める
  3. 謙虚な姿勢で向上心を持ち全ての人に頼られる医療人の育成
教育目標
  1. 社会人として自覚を持って仕事に取り組むことができる
  2. 厚生連及び病院の理念・方針を理解し、医療を担う一員としての役割を認識できる
  3. 医療機器の操作及び保守管理の基本的知識・技術を習得する
教育期間
採用時より12ヵ月間
教育内容
社会人として、臨床工学技士として必要な基本姿勢と態度
  • 厚生連、病院の基本理念
  • 臨床工学技士の基本理念、基本方針
  • 課題発見と問題解決 etc.
技術的側面 ~医療機器管理業務~
  • 標準管理機器の設定
  • 共通点検チェックシート、共通点検手順マニュアル
  • 機器管理システムの操作
  • 機器の動作原理、使用法、点検、トラブル対処 etc.
技術的側面 ~血液浄化業務~
  • 血液浄化療法全般
  • 透析液、水質管理
  • 特殊血液浄化療法 etc.
技術的側面 ~共通事項~
  • 清潔と感染対策
  • 接遇
  • 救急救命処置
管理的側面
  • 医療安全管理
  • 情報管理
  • コスト管理と安全性
  • 災害、防災管理
  • 自己啓発
特記事項
外部研修についても積極的に参加させ、スキルアップを図ります
 ~主な外部研修の例~
  • 卒後臨床工学基礎研修会
  • 透析液安全管理基礎研修会
  • BLS for Healthcareprovider Course(医療従事者のためのBLSコース)
  • 厚生連ME機器メンテナンス講習(2回程度)
添付資料

リハビリテーション専門職 新人教育プログラム

職種
リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
教育方針
信頼とぬくもりのある医療を提供し、地域医療に貢献する人材を育成する。
教育目標
  1. 社会人としての責任を自覚できる。
  2. 厚生連職員として組織を理解し法令遵守に努める。
  3. リハビリテーション専門職として標準的な医療の知識・技術を習得する。
教育期間
採用時より1年間
教育内容
社会人としての責任を自覚できる
  • 社会人として基本的な資質を身に着ける
  • 社会人として適切な接遇を習得する
  • 社会人として必要な自己啓発に努める
厚生連職員として組織を理解し法令遵守に努める
  • 厚生連の組織・理念・方針を理解する
  • 医療安全や感染対策等を理解する
リハビリテーション専門職として標準的な医療の知識・技術を習得する
  • 適切な業務管理ができる
  • 必要な安全管理について理解している
  • 一連の業務を遂行できる
特記事項
リハビリテーション専門職として身につけるべき共通項目と、PT・OT・STとしての専門技能習得を目指した専門項目により研修内容を定め、6ヶ月を目途として標準的な知識・技術を習得し、その後も引き続きレベルアップを図る。
添付資料

管理栄養士 新人教育プログラム

職種
管理栄養士
理念
秋田県厚生連の理念に基づきチーム医療の一員として地域医療へ貢献できる人材を育成する
教育目標
  1. 厚生連職員として組織を理解し法令遵守につとめる。
  2. 病態・栄養状態に基づいた適正な栄養管理が出来る。
  3. 他職種と連携した業務を理解し、役割を果たす。
  4. 専門職として常に主体的に知識と技術の向上を図る。
教育期間
採用時より2年
教育内容
基礎項目
  • 社会人、医療人として必要な基本姿勢と態度
  • 安全対策、感染対策など病院職員としての基礎
  • 職場ルールとチームワーク
専門技術・知識に関する項目
  • 給食管理業務
    (厨房業務、食数管理、献立管理、在庫管理 等)
  • 栄養管理業務
    (指標、管理方法、病棟業務、カンファレンス 等)
  • 栄養指導業務
    (疾病別栄養指導、カウンセリングスキル 等)
特記事項
業務経験に応じ、弾力的な運用が可能なプログラムとなっています。
添付資料

看護職 新人教育プログラム

職種
看護職(保健師・助産師・看護師)
教育理念
豊かな感性、倫理性、真の自律性を身につけて専門職としての成長を支援していきます
教育目標
  1. 専門的知識・技術・態度を修得し臨床実践能力を向上させる
  2. 医療チームの一員として、よい人間関係が保てる
  3. 問題解決能力、判断力を身につけ、安全に看護実践できる
教育期間
採用時より12ヵ月間
教育内容
業務遂行のための基本的能力
  • 厚生連組織の理解と社会人マインド
  • 接遇力
専門的知識・技術・態度に関する能力
  • 基本的臨床実践能力
  • 教育/研究能力
  • 感染/安全管理能力
  • 対人関係能力
  • 看護倫理
特記事項
  • 9病院共通の教育体制(クリニカルラダーシステム)
  • 本部の定例会議による情報の共有
添付資料

事務職員 育成プラン

職種
事務職員
基本方針
今後、本会基本理念達成のため、事務職員一人一人に病院経営を担うための知識や能力がより一層求められることから、全ての事務職員の『基礎能力(主体性・課題発見力・実行力)』『専門的知識』向上を目的として、新人教育と勤務年数や職位、業務内容等に応じた一貫性のある職員教育を実施します。
求める
職員像
新人教育においては、病院事務職員として不可欠な医療的知識と、他職種連携に必要な技能、また、多様な経験を通して広い業務視野を身につけた、ジェネラリストを育成します。
また、その後も継続して『基礎能力』と『専門的知識』の向上を図り、将来の管理職を担うに必要な能力を身につけた職員を育成します。
これらの取り組みを通し、本会が果たすべき役割や機能を理解し、常に目的意識を持って業務改善・改革に当たるとともに、業務及び組織を活性化できる職員を育成します。
教育期間
ジェネラリスト育成研修:採用後8年間
基礎能力・専門技能研修:採用1年目より継続
教育内容

【ジェネラリスト育成(新人教育)】
ジョブローテーションを通して、広い業務視野を身につける。
また、医事企画課OJTを通して、病院事務職員として不可欠な医療的知識と、他職種との連携に必要な技能を身につける。
これらの取組みを通し、ジェネラリストの育成を目指す。

【基礎能力研修】
常に目的意識を持ち、業務改善を推進し、組織を活性化できる職員育成を目指し、『主体性』『課題発見力』『実行力』の基礎能力向上を図る。
勤務年数や職位等に応じて区分し、それぞれの課題や到達目標に応じた研修会を実施する。

【専門技能研修】
研修会・伝達会議等の名称を問わず、業務遂行及び質の向上を図る上で必要とされる専門知識や技能の習得を図る。
業務分掌や経験年数等に応じて区分し、諸制度改正や業務改善に伴う新たな取り組みなど、適時適切な研修を実施する。

特記事項
ジェネラリスト育成期間においては、定期的な進捗管理と評価を行い、一人一人にマッチした人材育成に柔軟に対応します。また、その後も職員面談制度等を活用し、本人と上司の共通認識のもと、更に習得すべき能力を明らかにするなど、継続的な育成に繋げていきます。尚、これらの評価は職員育成を目指したものであり、人事的処遇に反映するものではありません。
また、それぞれの教育研修プランの実施状況や課題・効果について、定期的に検証を行う体制を構築します。
添付資料