• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

若手看護職員からのメッセージ

Message : hospital nurse

本人写真

岸 あすか

看護師

秋田看護福祉大学 看護福祉学部看護学科

病院に勤務する職員としてのメリット

 地域医療に特化しており、地域に根付いた医療・看護を提供することが出来ます。多職種と連携して退院後の患者さんの生活にまで関わっていくことが出来ます。私は地元に貢献したかったため秋田県厚生連を希望しました。学生のみなさんはいま、国家試験や就職にむけてたくさん勉強していることと思います。実際に働いてみて初めて知ることも多いため、学生の頃に思い描いた目標を忘れずに秋田県厚生連で一緒に頑張りましょう!普段の業務では分からないことがあればメモ書きしてその日のうちに調べることにしています。また、経験したことのない処置や検査があると積極的に見学させてもらうことにしています。接遇においては患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんやその家族の方に名前を覚えてもうように心がけています。目標としては循環器科、内科、小児科病棟に勤務しているため、各科の処置や検査を一通り行えるようになりたいです。また、看護師として名前を覚えてもらうことも努力しています。初めは出来ないことばかりで不安でしたが、段々慣れてきた頃、先輩に「できることが増えてきてすっかり職員の一員だね。」と言ってもらえたことが嬉しかったです。また、受け持ちの患者さんが退院する際に、本人と家族から「岸さんが担当でよかった。」と言ってもらえたことが嬉しかったです。

がんばっていること、目標としていること、働いていて感動したこと

本人写真

 多忙でも常に笑顔を絶やさないよう、患者さんの気持ちを思いながら仕事するように頑張っています。
 目標としていることは、患者さんに名前を覚えてもらうことを目標としています。
 働いていて感動したことは、受け持ちの患者が退院する際、「あなたが担当でよかった」と言ってもらえたこと。病棟の先輩に「できることが増えたね」と言われたことです。