• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

若手看護職員からのメッセージ

Message : hospital nurse

本人写真

武藤 菜々子

看護師

秋田県立衛生看護学院 看護科

病院に勤務する職員としてのメリット

 専門学校卒業後は、一度県外の病院に就職しようと考えました。
 自分の住んでいる地元の医療の現状や看護の実態を知りたいということで、インターンシップに参加したところ、看護師の対応が優しく働きやすそうな環境だと感じたこと、地域に貢献したいという思いがあったことから秋田県厚生連の病院を選択しました。
 秋田県厚生連は9つの病院がありますが、地域の特徴に合わせ、地域から愛される病院を目指しており、自分もその一員として貢献したいと思っています。

がんばっていること

本人写真

 1年目は業務内容を覚えることはもちろん、患者の観察、多職種との連携など教科書では習ってこなかった臨床の場で看護をしていく難しさを日々痛感しています。忙しい毎日の中で先輩方からの助言をいただきながら、少しずつ成長できるよう頑張っています。働いていく中でコミュニケーションを密に取ること、自分本位ではなく多職種で働いているということを常に意識すること、自分の行ったことに責任を持つことなど社会人として・看護師として・人間として大切なことを日々学んでいます。

働いていて嬉しかったこと

本人写真

 患者さんからの「ありがとう」という言葉は看護師として働いていく上で原動力になっています。また、人工呼吸器管理の患者さんの状態が安定し、抜管、リハビリを経て無事に笑顔で退院していく姿を見て、患者の生きる力を引き出す看護のすばらしさを感じました。日々、勉強の毎日ですが、自分の知識が患者さんの生命を維持することに直結する責任の重さを感じつつ、やりがいのある仕事だと思い働いています。

目標としていること

 私は循環器病棟に勤務していますが、急性期の看護をより深く学びたいと思っています。また、より医療的な手術の場や救急の場も経験したいと考えています。そしていずれは自分が地域に赴き、看護を提供していくという訪問看護にも興味があるので、今働いている場でたくさんの知識を身につけ今後に活かしていきたいです。また、今働いている病棟にはあこがれる先輩方がたくさんいるのでその先輩方をよく見て学び、自分の看護の幅を広げていきたいと考えています。