• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

若手看護職員からのメッセージ

Message : hospital nurse

本人写真

高田 真衣子

看護師

東北文化学園大学 医療福祉学部 看護学科

病院に勤務する職員としてのメリット

大学卒業後は地元秋田に就職したいと考えていました。JA秋田厚生連は県内に9つ病院を構え県内の中心的医療機関として地域に貢献しています。その地域特有の話題を用いて患者さんとコミュニケーションを図ることができます。
私は内科(血液・腎)に所属しているため、その病棟ならではの治療やケアを学ぶことができます。はじめは分からないことだらけですが、優しくて頼りになる先輩方からアドバイスを頂き日々成長しながら働くことができています。

がんばっていること

本人写真

私は学生の頃から、「患者さんの気持ちに寄り添うことのできる看護師」を目標としていましたが、就職して臨床の場に立つようになり、改めてその重要性を感じました。私の病棟では入退院を繰り返しながら治療を行っている患者さんがほとんどです。そのほとんどの患者さんが治療の副作用について不安を抱えながら入院してきます。その不安を少しでも軽減していけるように、患者さんの訴えを傾聴し表情や声のトーンに気を付けながらコミュニケーションを取るように心がけています。また学生時代聞いたことの無い治療も多々あるため、分からないことはそのままにせず自分で調べたり、先輩方に聞いたりしながら日々業務をがんばっています。

目標としていること

私が目標としていることは、「優先順位を考えながら臨機応変に行動する」です。就職して1年目のため周りの先輩方に付いていく事で精一杯でした。先輩方がどのように判断し行動しているのかを見て学びながら業務を行って生きたいです。

働いて嬉しかったこと

本人写真

入院から退院まで受け持った患者さんに「あなたがいてくれたおかげで頑張ることができた。ありがとう。」と言われたことです。始めはどのように関わっていけば良いか悩んでいましたが、患者さんの訴えを傾聴し、それに合ったケアを行う事で安全・安楽に入院生活を送ることができたと思います。この経験をこれからも活かしていき、たくさんの患者さんに寄り添っていきたいです。