• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

若手看護職員からのメッセージ

Message : hospital nurse

本人写真

高谷 優里

看護師

新潟医療福祉大学 健康科学部 看護学科

病院に勤務する職員としてのメリット

 病院勤務のメリットとして私が実感したのは自分自身のスキルアップです。総合病院であり、医療技術も備わっているため、臨床経験を積めば積む程、自分自身のスキルアップに繋がると感じます。また、私達新人看護師には先輩が1対1で指導してくださるプリセプター制度があります。分からない部分や、日々の業務の流れなど一から全て教えてくださるのでとてもありがたいです。また、PNS制度のため2人ペアになり業務が進みます。業務中の疑問点や患者さんの訴えに対してその場で相談し、アドバイスを頂きながら日々業務に専念しています。業務内容は大変と感じる事もありますが、先輩に教えて頂きながら自分のスキルアップに繋げています。少しずつ業務に慣れ、こなせるようになる喜びも大きいです。ぜひ、一生に頑張りましょう。

がんばっていること

本人写真

 私の勤務する病棟は混合病棟のため、様々な科の患者さんがいます。そのため、検査内容や手術内容もそれぞれ異なり、入職当初は覚える事が多く大変でした。現在も覚える事は多く大変な日々ですが心掛けている事が一つあります。それは、自己学習です。最初は分からない事ばかりで何から手を付けていいのかすら分かりませんでした。しかし、自分が分からない言葉や略語から調べていき一つ一つ理解していきました。時間はかかりますが、疑問点が理解でき、業務に生かせるように感じた時はとても嬉しく感じました。学生時代も学習の日々でしたが、入職してからはより一層学習の重要性を実感します。今後も学ぶ姿勢を忘れず頑張っていきたいと思います。

働いていて嬉しかったこと

 患者さんを受け持たせて頂いてる中で、印象に残っている事があります。それは、初めて受け持ち患者さんの退院支援に携わったことです。当初は退院支援の進め方が何も分からず先輩方に助けてもらってばかりでした。しかし、患者・家族の自宅に帰りたいという思いを尊重するため、どうしたら自宅での介護に取り組めるか考えました。清潔ケアや褥瘡予防など、ご家族の方々積極的な協力もあり、技術指導を行いながら無事自宅へ帰る事が出来ました。そのご家族は面会の際も私の名前を呼んでくださり、名前を憶えて頂いけるだけでも嬉しかったです。退院時は一緒に見送る事は出来ませんでしたが、後から先輩にありがとうって言ってたよと伝えて頂き、本当に嬉しく感じました。技術・知識面では不足している部分はまだまだたくさんあります。しかし、今回の経験から患者・家族との信頼関係を気づく事は、より良い看護を提供する上でも重要と実感しました。今後も患者・家族とのコミュニケ―ションも大事にしながら業務に励んでいきたいと思います。