• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

地域医療を支える大切な仕事です。
顔写真

菊池 優亜

病院勤務 総務管理課

秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科

令和2年度

厚生連に入会した動機 またはきっかけ

大学で他県の人との交流が増える中で、改めて生まれ育ってきた秋田の良さを再発見し、秋田県内で働きたいと思ったことがきっかけでした。
そのような中で秋田県の地域医療を担う厚生連であれば、地域への貢献が可能であると考えたことから入会を志望しました。

仕事の内容など

私が所属するのは総務管理課という部署です。主な仕事は秋田大学医学部附属病院を始めとする様々な病院から手術や検査等の診療応援として来院する医師の給与計算と、職員の給与計算の一部を担当しています。また、様々な申請書類の作成や病院内外からの電話や問い合わせの対応等仕事の内容が多岐にわたり、業務の幅がとても広く柔軟な対応が求められます。

仕事のやりがい

厚生連に入会するまでは、病院で働く事務職員は患者さんの受付業務を行うイメージしかなく、それ以外の事務職員の仕事がどのようなものなのか全く分かりませんでした。
総務管理課での仕事は、患者さんに直接関わることはあまりありませんが、医療職員が医療に専念できる環境を作るためにあると考えています。自分の仕事は間接的ではありますが、秋田の地域医療を支えているのだと思うと、とてもやりがいを感じます。
昨今は新型コロナウイルスの影響で例年にない対応に追われることも多くありますが、地域医療を支える一人として、自分のできることを少しずつ積み重ねて頑張っています。

学生のみなさんへのメッセージ

病院事務職員の仕事は必須とされる資格などはありません。ですが私の所属している総務管理課だけでなく、医事課や資材設備課、経営企画課等たくさんの業務があり、必要とされる知識も様々で日々勉強が必要ですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。
また、新型コロナウイルス感染症の猛威により、県内の感染者数も増加傾向にありますが、その中でも秋田県の地域医療を担う厚生連は非常に重要な役割にあります。だからこそとてもやりがいのある、日々頑張っていこうと思える仕事です。
就職活動は周りと比べて焦ったり、不安になったりすることもたくさんあると思います。自分が何をやりたいのか、何を頑張れるのか、何を大事にしたいのかなど自分の中の第一条件を定めてみるのも良いかもしれません。家族や友人、就活支援の人など相談できる人に話を聞いてもらうだけでもきっかけになることもあります。頑張ってください。