• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

患者さんの笑顔から作業療法士としてもっと成長したい
顔写真

大日向 杏希

作業療法士

東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科

平成28年度

病院に勤務する作業療法士としてのメリット

私は地元秋田で作業療法士として地域に貢献したいという思いがありました。そこで、県内各地に病院があり、地域の中核的医療機関であるJA秋田厚生連へ就職しました。
厚生連では様々な疾患の患者様がリハビリの対象になるため、多分野の勉強ができ、スキルアップに繋がっています。また、病気やケガの発症直後からその先の生活にも目を向けるため、広い視野で患者さんを見ることもできます。

目標としていること

作業療法士になり、日も浅く、経験も少ないため悩んだり迷ったりする日もあります。そんな日々の中でも、患者さんから生活の中で出来るようになった、笑顔で退院される姿を見ると作業療法士になれて良かったと思います。また、患者さんの笑顔から作業療法士としてもっと成長したいという意欲も出てきます。
今後は足りない知識や技術を学び、患者さんを笑顔に出来るような作業療法士を目指したいです。