戻る

医療スタッフ -

川原 菜瑠美(管理栄養士)


出身校

仙台白百合女子大学 健康栄養学科

病院に勤務する職員としてのメリット

 病院では、給食管理業務や栄養管理業務、入院・外来の栄養食事指導、チーム医療への参加など様々な業務があります。カンファランスや委員会などで多職種と関わり、医療チームの一員として携わることができます。その他にも診療科が多く、幅広い栄養管理の知識を身につけることができます。また、秋田県厚生連では、新人教育プログラムのもと、先輩方に手厚くご指導していただきながら業務に従事できるのも魅力だと思います。

がんばっていること、目標としていること

 私は現在、給食管理業務を主に行っています。食事は、入院中の患者さんにとって治療の一貫であり、楽しみともなるような提供を心がけています。そのため、患者さんの嗜好やアレルギーの有無を考慮したり、栄養状態によっては補助食品の付加も検討したりと個別対応も行っています。これらの対応をしていくなかで調理員の方々とコミュニケーションをとり、円滑に進めることができるよう努めています。
 食事の相談を受けた際は、患者さんの状態から適切なものを提案し提供できるよう、多くの知識を身につけていきたいです。今後、病棟業務を担当するようになると、多職種と関わる機会も増えるので、患者さんや医療スタッフの方々に信頼されるような管理栄養士を目指していきたいです。

PC用Webサイト(先輩職員からのメッセージ)

Copyright (C) Since 2014 Akitakouseiren.
All Rights Reserved.