• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • 農村医学会トピックス
  • 平成26年度

農村医学会トピックス

Association of Rural Medicine

秋田県農村医学会第118回学術大会開催

秋田県農村医学会第118回学術大会開催(写真)

秋田県農村医学会第118回学術大会(学術大会会長 中鉢明彦湖東厚生病院院長)は、7月5日(土)秋田県JAビルで開催されました。厚生連職員及びファーマックス(株)、県内医療関係者、一般会員、報道関係者等約700人が参加し、医療・保健・福祉の質の向上を目的に、幅広い分野からの研究・事例発表が行われました。発表は会員講演(一般演題)81題の他、ワークショップ、特別講演が行われました。

特別講演は、公開講座として秋田大学大学院医学系研究科医学教育学講座教授の長谷川仁志先生をお招きし、「病院各部門の教育・研修システムを症例・事例ベースで考える~多職種連携教育から、医療職を超えた連携教育へ~」と題し、医療人として専門分野だけではなく職種を超えた総合的な能力・実践力を身に着けることの重要性と方法論をご教示いただきました。

また、ワークショップでは、「高齢者の誤嚥性肺炎にどう対応していく」というテーマで、各病院から医師・看護師・言語聴覚士・事務職員計6名の先生がそれぞれの立場から発表した後、ディスカッションが行われました。座長の中鉢院長は、厚生連各病院に協力いただいた職員意識アンケート結果を混じえながら、社会的議論の必要性を訴えました。

研修医セッションでは8人の研修医による発表が行われ、今回は優秀演題2題と最優秀演題1題が審査により選ばれ、表彰されました。最優秀賞は「僧帽弁形成不全を伴ったWilliams症候群の一例」を発表した平鹿総合病院の濱崎亮先生が受賞しました。

今回担当病院である湖東厚生病院のみなさんは,少ない職員数にもかかわらずスタッフとして精力的に大会を運営し、無事成功裡に大会を終えたことに対して、参加者からも感謝の声が聞かれました。