• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

理事長挨拶

President

代表理事・小野地章一

JA秋田厚生連は、農村の窮乏と医療の欠如を救済するため昭和7年に秋田市に設立された秋田医療利用組合を前身とし、以来、県内各地域に9病院を配置し、医療法に基づく公的医療機関としての指定を受けるなど、保健医療活動を積極的に展開してまいりました。今ではそれぞれの病院が地域の中核的医療機関として位置づけられ、救急医療、小児救急医療、産科・周産期医療、がん診療、へき地医療、災害医療など幅広い医療機能を担っており、地域において無くてはならない存在となっております。

一方、医療を取り巻く環境は、医師不足や偏在化の問題に解消の兆しが見えず依然として厳しい状況にあります。当会は、各地域における中核的医療機関として、安心・安全で質の高い医療を継続的かつ安定的に提供していくという責務を担っております。そのため一層の経営・財政基盤の安定化・健全化と環境の変化に柔軟に対応した医療提供体制の構築を目指し、病院運営の将来ビジョンを定めた「長期ビジョン」及び長期ビジョンを着実に実践していくための「経営健全化計画」を新たに策定しました。今後、これらの中長期計画に基づき、地域医療の一層の充実に向けて、役職員が一丸となって取り組んでまいります。