• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

理事長挨拶

President

代表理事・佐藤秋弘

JA秋田厚生連は、農村の窮乏と医療の欠如を救済するため昭和7年に秋田市に設立された秋田医療利用組合を前身とし、以来、県内各地域に9病院を配置し、医療法に基づく公的医療機関としての指定を受けるなど保健医療活動を積極的に展開して参りました。今ではそれぞれの病院が基幹病院と位置づけられ、救急医療、小児救急医療、産科・周産期医療、がん診療、へき地医療、災害医療などの幅広い医療機能の分野においては無くてはならない存在となっております。

一方、医療を取り巻く環境は、医師不足、偏在化による入院・外来患者の減少等で依然厳しい状況にありますが、平成22年度から「秋田県厚生連経営改善計画」を策定実行し、経営の健全化もすすめております。今後とも、私どもは、地域医療を守るという厚生連の原点に立ち、病診・病病連携を一層推進すると共に、高度先進医療の更なる充実を図り、質の高い医療の確保に努めて参ることとしております。