• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • ニュースダイジェスト
  • 2014年7月
JA秋田厚生連ニュースダイジェスト JA秋田厚生連グループ(病院・本所)の取り組みやイベントなどをお伝えしていくコーナーです。

2014年7月 《JA秋田グループ広報誌「かけはし」2014年7月号》

新たにスタート!「湖東厚生病院」

湖東厚生病院

  • 写真

当院は、昭和12年から「湖東病院」として長年地域住民に親しまれ、南秋地区の中核を担う病院として位置付けられてきました。地域住民の強い要望もあって、平成26年5月より病院西側敷地に新築移転し、名称も「湖東厚生病院」に変更して新たにスタートしました。

病床数は一般病床56床、回復期リハビリテーション病床44床、計100床の規模です。診療科目は内科・循環器内科・消化器内科・小児科・精神科・整形外科・リハビリテーション科・脳神経外科・婦人科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科の13診療科になりました。医師の体制も秋田県総合診療・家庭医研修事業から派遣された医師2名を含む常勤医師9名と、秋田大学、秋田厚生医療センター等の応援によって診療を行っています。

新病院では、平成23年より休止していた入院病棟を再開したほか、来年度には回復期リハビリテーション病棟を運用する予定です。最新のMRI装置も新たに導入し、従来の機器と比べ検査時間も大幅に短縮され、患者様からも高評を得ています。

一方、地域住民からの強い要望でもある夜間救急診療の再開は未だ目処がたっていませんが、診療体制が充実できれば再開していく予定です。

当院の基本理念は「地域を支え地域の皆様に愛される病院を目指します」と掲げており、これからも秋田県で一番高齢者にやさしい病院をめざしていきます。