• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • ニュースダイジェスト
  • 2017年6月
JA秋田厚生連ニュースダイジェスト JA秋田厚生連グループ(病院・本所)の取り組みやイベントなどをお伝えしていくコーナーです。

2017年6月 《JA秋田グループ広報誌「かけはし」2017年6月号》

院内に移動図書館開設~本の貸し出しサービス開始~

湖東厚生病院

今年4月から八郎潟町立図書館のご協力により、本の貸し出しサービスを始めました。当院へ月1回出張し、入院患者さんやお見舞いの方に加えて、職員にも読書を楽しんでもらうことを目的としております。

サービスの名称は八郎潟町のマスコットキャラクターにちなみ「ニャンパチ図書館」となっています。毎月第2木曜日に当院2階の交流スペースにカウンターを設置し、町立図書館から持参した小説や趣味の本、写真集など約70冊余を展示して、当院利用の希望者に貸し出しを行っております。

今回のサービス実施に際しては、「入院中も本を借りたい」との要望を受けた町立図書館から、今年2月に提案をいただきました。病院側としても「患者さんの楽しみが増える」「病院利用者や高齢者の利便性が図られる」として、4月から開始となりました。

初回となった4月13日は、午前10時半のサービス開始と同時に入院患者さんが訪れ、本を手に取る姿やお気に入りの本を借りる姿が見られました。

本のリクエストがあれば次回巡回時に準備していただいたり、院内に設置する専用ポストに入れるだけで返却できるので、利用者は負担なく本にふれることができます。

町立図書館職員の方は、利用者のニーズに応じて図書の充実を図るとともに、今後はベッドからの移動が困難な患者さんも本を借りられるようなサービスを検討したいと話しています。また当院でも町立図書館と協力して患者さんを含め病院利用者の方々が「本に親しむことにより、楽しく有意義な時間を過ごすお手伝いをしていきたい」と考えており、利用を推進していきたいと思います。

電子カルテ更新

由利組合総合病院

当院は、厚生連全体の電子カルテシステム更新に伴い、平成29年5月15日より、全9病院に先駆けて本稼働を迎えました。

稼働するまでには、厚生連の基本理念である、

  1. 信頼とぬくもりのある医療の提供
  2. 保健予防活動を通じた地域住民の健康管理の充実
  3. 福祉活動を通じた高齢者の自立・生きがいづくりの支援

に基づき、何度も打合わせを重ね準備を進めてきました。

今後他病院も順次更新となりますが、先行病院である当院のシステムを基に実施されていくことから、その責任の重さも感じながら作業に当たりました。

初めて電子カルテを導入してから約6年経過している事もあり、今までもシステムの機能強化は行ってきておりますが、医療安全、医療の質の向上、業務の効率化、操作性の向上等が更に強化されております。

また、サーバーやパソコンなど機器の更新もあります。入替作業は診療に出来る限り影響がないよう短期間で行わなければいけません。効率よく作業するため、入れ替えるパソコンやプリンターなどを一箇所に集めたその風景はまさに圧巻でした。

職員一丸となり、地域住民の皆様が健康で安心して暮らせるよう、今後も質の高い医療の提供に不断の努力を続けていきます。