• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • 病院栄養科のお料理レシピ
  • おすすめ夏巻3種
病院栄養科のお料理レシピ 各病院選りすぐりのメニューとそのレシピをご紹介します!

おすすめ夏巻3種(写真)

献立名

おすすめ夏巻3種

栄養科より

トースターでも焼けますが“揚げた方が断然おいしいです!”
是非秋巻・冬巻・春巻に挑戦を!!
(北秋田市民病院)

材料

材料は2人分です。

  • 春巻きの皮6枚(冷凍可)
  • 水溶き小麦粉(少量)
  • 揚げ油(適宜)
  • 盛り付け用生野菜(多めに)

A.カレーごはん(チキンライスや炊き込み御飯もおいしい!)

  • ごはん…茶碗半分位
  • カレー…少量(またはレトルトカレー・粉末カレールー)
  • レーズン・ドライマンゴー・ミックスナッツ…各々少量(あらく刻む)
    ※上記をできるだけ粘らないように混ぜ合わせておく。

B.そら豆とスライスチーズ

  • そら豆…10粒(茹でて薄皮をむいたもの)
  • スライスチーズ2枚

C.魚缶(鯖の味噌煮)と夏野菜

  • 鯖味噌煮…小1缶(ペーパータオルで汁気をしっかり切っておく)
  • 青しそ…4枚
  • みょうが…2本(千切り)

作り方

  1. A. B. C.を各々2等分し、皮で巻き水溶き小麦粉で巻終わりを留める(春巻きの皮の袋参照)。
  2. 170℃(高め温度)の油できつね色になるまで揚げる(トースターで焼く場合は、油を塗り約15分)。
  3. 大きめのお皿に彩り良くリーフレタスなどの生野菜(胡瓜や人参をピ-ラーで薄切り)を多め敷いて夏巻を盛り付ける。
    元気の源、夏の赤色野菜の定番はトマト。今回は赤パプリカのピクルスを添えて、揚げ物をバランス良く爽やかにいただきます!

【付録】赤パプリカのピクルス(ヘルシーな夏のかんたん常備菜)の作り方

  1. パプリカ(材料)を良く洗ったら、種や筋などをとり、水気をよくきる(やや乾燥状態)。
  2. 広口びん(コーヒーなどの空びん利用)に、1とお好みで鷹の爪かロリエなどを入れて「エーコープらっきょう酢」を注ぐだけ。
  3. 材料や漬け込み具合もお好みで。野菜がとってもおいしくて箸が止まりません!